上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

シャイロックの子供たち (文春文庫)シャイロックの子供たち (文春文庫)
(2008/11/07)
池井戸 潤

商品詳細を見る





ロスジェネの逆襲ロスジェネの逆襲
(2012/06/29)
池井戸 潤

商品詳細を見る





スリーピング・ドールスリーピング・ドール
(2008/10/10)
ジェフリー ディーヴァー

商品詳細を見る





写真の位置がガタガタで気になるけど...


シャイロックとジェネロスはKindle版で読了。
スリーピング ドールはなんと一昨年の暮れに購入したもの。

すっかり視力が落ち通勤電車での読書が進まなかったのが、一昨年ものが残ってた一番の原因。
勤務先が徐々に遠くなり、まとまった読書時間が確保されるようになってから、進むこと...f(^_^;


で、感想。

どれも外れなし。以上!(笑)

スポンサーサイト
2013.09.08 Sun l 読書 l コメント (3) トラックバック (0) l top

オレたちバブル入行組 (文春文庫)(2007/12/06)池井戸 潤商品詳細を見る今シーズン注目のドラマ、半沢直樹 の原作。今の勤務先は本屋の丸善の隣。仕事帰りにフラフラと立ち寄り、目の前に平積みされていたのを迷うことなく手にとって購入してしまった。通勤時間がまとまった読書時間になり、買って2日半で読了。半沢直樹含め登場人物がドラマとかぶって仕方ない(笑)堺雅人はスゴいわ(^o^;)原作とドラマは若干ストーリーに違いがあ...
オレたちバブル入行組 池井戸潤著




オレたち花のバブル組 (文春文庫)オレたち花のバブル組 (文春文庫)
(2010/12/03)
池井戸 潤

商品詳細を見る


本屋の隣はやはり甘い誘惑で...

昨日買って、一気に読んでしまったorz

どうせなら続きも...と思ったが、まだ文庫になってなかった(^_^;


昔々のそのまた昔、銀行員だったころの記憶が続々とよみがえってしまった。
社内監査やら、大蔵検査とかあったよなぁ...。
お気楽女子行員は、その緊張感に耐えられなくて何故かにやついてたっけ...。

何はともあれ、半沢くんの無事を祈るしかない。

彼が頭取になるまで続くことを願う。
2013.07.31 Wed l 読書 l コメント (4) トラックバック (0) l top

オレたちバブル入行組 (文春文庫)オレたちバブル入行組 (文春文庫)
(2007/12/06)
池井戸 潤

商品詳細を見る


今シーズン注目のドラマ、半沢直樹 の原作。

今の勤務先は本屋の丸善の隣。
仕事帰りにフラフラと立ち寄り、目の前に平積みされていたのを迷うことなく手にとって購入してしまった。

通勤時間がまとまった読書時間になり、買って2日半で読了。


半沢直樹含め登場人物がドラマとかぶって仕方ない(笑)
堺雅人はスゴいわ(^o^;)

原作とドラマは若干ストーリーに違いがあり、読み終わった今は次の日曜が楽しみ。


第二段の、オレたち花のバブル組 を買うか否か思案中なり。


オレたち花のバブル組 (文春文庫)オレたち花のバブル組 (文春文庫)
(2010/12/03)
池井戸 潤

商品詳細を見る
2013.07.26 Fri l 読書 l コメント (9) トラックバック (1) l top

ルパンの消息 (光文社文庫)ルパンの消息 (光文社文庫)
(2009/04/09)
横山 秀夫

商品詳細を見る

Kindle版にて読了

警察小説といえば、この人。横山秀夫氏。
その横山氏の処女作が、手入れをされて出されていた。

何を書いてもネタバレ気味になってしまうので感想のみ。

よくぞまとめました!という感じ(笑)
途中で女教師の性癖については予想できましたが…
本当に書きたかった柱は、最後に逮捕された犯人にまつわるストーリーであって、それ以外の流れはそのための前置き…に近いかなぁ。

でも、面白かった。さすが読ませる力は抜群です(*^_^*)
2013.06.22 Sat l 読書 l コメント (3) トラックバック (0) l top
輪違屋糸里 上 (文春文庫)輪違屋糸里 上 (文春文庫)
(2007/03)
浅田 次郎

商品詳細を見る


輪違屋糸里 下 (文春文庫)輪違屋糸里 下 (文春文庫)
(2007/03)
浅田 次郎

商品詳細を見る


Kindle版にて読了。

私はやっぱり浅田さんの時代物が好きだ。
壬生義士伝のスピンオフ的な本作。
「おんな」とはいつの時代も強くやさしく生きるのだなと最後は涙してしまいました。

2013.03.30 Sat l 読書 l コメント (4) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。